メニューボタン

椿油の使い方

自分らしく自然に
いたいと願う、
すべての人の
美しさのそばに。

髪、顔、全身に使える「神代椿」。
自分らしく自然に生きたいと願うすべての人のそばで、
ひとりひとりの持つ美しさを守り、引き出し、輝かせます。
自分に合った分量を、目的に合わせて調整しながらお使いください。
飾り罫  飾り罫  飾り罫

ヘアケア 
~ 艶やかで、コシのある髪へ。~


髪のトリートメントとしてはもちろんのこと、シャンプー前の頭皮マッサージやスタイリング剤としてもお使いいただけます。
髪のパサつきを抑え、艶とコシを与えます。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージ

髪を洗う前に、椿油で頭皮をマッサージ。毛穴に詰まった油脂汚れを吸着し、シャンプーの泡立ちを良くしてくれます。

トリートメント

トリートメント

洗髪後、タオルドライしたまだ水気の残る髪に、手のひら全体に伸ばした椿油を毛先から髪の内側、徐々に全体に、揉むようにしてなじませます。

スタイリング

スタイリング

落ち着かせたい毛先や、カールをみずみずしく見せるのに、少なめから髪質に応じて量を調整しながら、なじませて動きをつけます。

ファイシャルケア 
~ ハリのある肌を育てる。~


クレンジング、マッサージ、化粧水の前後など、毎日のフェイシャルケアにお使いいただけます。
顔全体に塗りホットタオルパックも効果的です。お肌にすっと馴染んでハリを与えます。

クレンジング

クレンジング

あらかじめポイントメイクを落としておきます。乾いた手のひらに100円玉程度の椿油をとり、両手になじませ、最初にTゾーンから頬に向けて顔全体をマッサージするように広げ、ぬるま湯で洗い流します。

オイルパック

オイルパック

洗顔後、乾いた顔全体を手の平にとった100円玉程度の椿オイルを、Tゾーンからほほに伸ばし、マッサージ。熱めのタオル(お湯に浸して絞る、もしくは、電子レンジで温める)を顔に当てて、手の平でその上から軽く押さえます。タオルが冷め始めたら軽くぬぐいとります。

ブースター

保湿ケア

洗顔後のブースターとして、または化粧水の後に、手の平になじませた椿油を顔全体に塗ると、皮脂を補い、肌が水分を吸収しやすくなり状態を作ります。

ボディケア 
~ うるおいを、全身に。~


入浴後に乾燥しがちなひじ、かかと、膝などの保湿や、産後の妊娠線マッサージにも。
ライフステージと共に変化する全身の気になる部分に、しっとりうるおいを与えます。

ハンド&ネイルケア

ハンド&ネイルケア

ハンドクリームだけでは、十分に潤わない時には、椿油との合わせ技が効果的。ハンドクリームはベールのように覆うのに対して、椿油は皮脂に近い成分で皮膚に浸透します。ハンドクリームを塗る前に手や爪にしっかりと椿油を塗り込んでおけば、瑞々しい手指を保つことができます。

かかと、ひじ、ひざケア

かかと、ひじ、ひざケア

乾燥しがちなひじ、かかと、ひざには、お風呂上がりすぐ(10分以内)に塗ると乾燥を防げます。週に1度程度に、椿油を塗った後にラップで包むラップパックをすると、更に効果的です。

全身ケア

全身ケア

椿油のオレイン酸は皮脂に近い成分なので、冬など肌の乾燥が気になる季節にマッサージするようにして全身に揉みこむことでしっとりとした肌を保つことができます。また、日焼けあとのケアや妊娠線ケアにも効果的です。

PAGE TOP