企業担当者様へ
椿油の製品規格書についてはこちらをご覧ください。→製品規格書(PDF)
ご希望の方には試験成績表を製品に添付致します。
その他、原産地証明、原料納入規格書、農薬不使用証明、MSDS、椿油製造工程表等各種書類ご用意致します。

当組合は化粧品製造販売業・化粧品製造業の免許を有し、ビン詰め包装も島内で行う事ができます。
各種化粧品用・食用椿油の一斗缶での出荷や小売商品のOEM供給も行っております。
椿油についてご不明な点がありましたらまずは販売担当までお問い合わせください。

そもそも椿油とは
ツバキ科ツバキ属のヤブツバキの種子から採取される植物性油脂の事。椿油と名乗る事ができるのは日本古来の品種であるヤブツバキの実から採取された油のみとなっており、ユチャなどツバキ属の種子から取ったものの総称はカメリア油・カメリア種子油と呼ばれ区別される。
カメリア油と椿油の違い
椿油とカメリア油との明確な違いはオレイン酸含有量にある。
人間の皮脂の構成成分であり他にも様々な有効な効果があるオレイン酸を椿油は85%程度含む一方で、カメリア油は80%程度となっている。また不飽和度を測る指標であるヨウ素価も椿油は80程度であるのに対しカメリア油は85程度が平均のようであり椿油の方が酸化しにくい油である事がわかる。
オレイン酸の効果
一般的に言われているオレイン酸の働きとしては
・オレイン酸は過酸化物質の発生が少ない。
・オレイン酸はLDL(悪玉コレステロール)を低減する。
・オレイン酸は胃酸の分泌を抑える。
・オレイン酸は便秘を予防する。
・オレイン酸は肌の健康を維持する。
と言われており、食べてよしお肌につけてよしの万能油「椿油」の源となっている。

また、人間の皮脂を形成する成分にオレイン酸が多く含まれる為、オレイン酸を多く含む椿油はお肌や髪の毛のケアに最適な油と言われている

利島の椿油の特徴は
①利島島内で椿実を育て収穫し、搾油精製を行い瓶詰めまですべて利島島内で行っています。
②椿畑には農薬・化学肥料等を一切使わず、椿農家が手作業で椿実を栽培しています。
③古くは江戸時代に年貢の代わりとして上納していた伝承が残っているように、歴史と伝統に裏打ちされた確かな製品です。

椿油の種類について
利島で製造している椿油は2種類あります。
一つは椿実を搾油~脱酸処理~ろ過の処理を施した脱酸油
こちらは純粋椿油としてあらゆる用途にお使いいただけます。
もう一つは、純粋椿油にもう一手間加え脱色脱臭処理を行って製造する脱色脱臭油
こちらはお肌や髪の毛にお使いいただくスキンオイルとして主にお使いいただけます。

各種データについて 例 島椿A100301
(2010年3月産 脱酸油) 

脂肪酸組成
C16:1 0.2%
C16:0 7.8%
C16:1 0.2%
C17:0 0.1%
C17:1 0.1%
C18:0 2.6%
C18:1 84.9%
C18:2 3.4%
C18:3 0.3%
C20:0 0.1%
C20:1 0.5%
ツバキ油規格試験
酸化 0.2
けん化価 190.2
よう素価 80.3
不けん化物 0.28
確認試験
油脂試験
比重 0.915
*自然物を原料とする為、製造ロットによって数値は変動します。